【星屑の囁きみたいに些細な出来事】 作:雲黒斎草菜(利用規約


この物語はフィクションです。実在のよく似たタイトルの作品・土地・人物・団体・事件などにはいっさい関係ありません。

『星屑の囁きみたいに些細な出来事』【第一章:旅の途中】 作:雲黒斎草菜
2017年 1月 6日(金)

大根役者が勢ぞろい


 自分自身に対する想定外の改変をしたため、大規模な記憶の入れ替えが起きる、と奇妙な発言をしたナナは、それから間もなくして、目をつむりうずくまってしまった。

 初めて見るその仕草に俺たちは驚きを隠せなかった。最初は何らかの機能不全でも起こしたのかと心配したのだが、ナナは朗らかな表情のまま顔を上げた。
「社長さん。武器を取りに行くのは、やはりワタシだけにします」
「なんでや?」
「先ほどの歴史の改変で、武器を取りに行くには過去へ戻らないといけない状況になりました……それと、」
 途中でナナは再び口をつぐむと、細い人差し指を唇に押し当てて黙り込んだ。
 その姿は、何かよからぬ事を思い悩む時の、玲子の姿と瓜二つだった。だんだんこいつが玲子化していくのが、なんとも恐ろしい気がするのは俺だけだろうか──にしても、黙り込んでしまった時間が長くないかい?

「故障かしら?」
 と言った玲子に、ついとナナが顎を上げた。
「あのー。これから話そうとする内容に、時間規則に反する事柄がたくさん含まれていまして、どう判断していいか解らなくて……」
「なんだよ。まだそのことで悩んでんのか? こっちはてっきり故障したのかと思ったぜ」

 ナナは丸い目を俺に向けた。
「え? 故障? ワタシがですかぁ?」
「お前だって故障することもあるだろ?」
「ありませんよぉ」
 ケロッと言い切り、さっさと立ち上がる。
「とにかく先を急ぎましょう。このままでは超新星爆発に巻き込まれます。ワタシは武器を取りに行って来ますので、みなさんはここでお待ちください」

「おい、時間が無いんだろ。先に爆発から避難したほうが、」
 俺の言葉を最後まで聞かず、ナナは発光に包まれた。

「うおぉっ!」

 全身から激しく噴き出した光が色鮮やかに変化する。それは瞬く間に虹色になり、最後は閃光となって消えた。

「跳躍光や! 時間跳躍しよった!」
 初めて時空間転送を目の当たりにした瞬間だった。
 それは激烈な強い光で、眩しくて直視できず、俺は手で目を覆った。そして思わずナナが消えた空間へと叫んだ。
「時間がねえって言ってんだ、うぉっ!」
 間髪入れず、消えたばかりの同じ場所から強い光が広がり、目映い光彩の中から人の姿が浮き出し──。
「お待たせしました」
「え~! もう行ってきたのか?」
 以前、跳躍した次の瞬間に戻れば、限りなく刹那の出来事になる、と言った社長の言葉がよみがえる。これが無限の時間を持つという意味だ。

「うなぁぁぁ~」
 ところが、仰天したのはそれだけではない。ナナではない別人が俺の鼻の先にいきなり出現して、とっても間の抜けた声を漏らしてしまった。

 そのまま後ろに尻餅を突いて、ひっくり返りそうになった体を慌てて両腕で支えた。そんな俺を覗き込む白い顔。
「こんにちわぁ~」
「だぁぁぁあぁぁぁぁっ!」
 俺は仰向け逆四つん這いの体勢で後ろへ逃げた。見慣れた銀髪ショートカット。Fシリーズだ。管理者のガイノイドだ。
 何でまた連れて来たんだろ。イクトのコンベンションセンターはすでに消えている。となると消える前の時代に遡って?
 色んな思考が駆け巡った。

 ごんっ。
「痛ぇぇ!」

 後頭部に堅い物が当たり、逃げ道を絶たれた。
 振り向いて、さらに仰天の上塗りをする。
「どわぁぁ! 何んだこれ!」
 ワケのわからない装置のような、あるいは部品のような。でっかい銃身が付いた物まである。それらが実体化して、司令室のスペースをほとんど占領していた。

「わたしが作った機材でぇぇーす。完成までに数十年掛かったの」
「お前が作ったって……まさか」
「そうレすよ。そのためにおジイちゃまと3500年過去に飛んだんですから」
「それじゃ。お前は……過去のナナ」
 息をするのも忘れて、見上げたまま数秒間固まる。その間、そいつは腰を屈めて俺が動き出すのを待っていた。

「むふふふ」
 クリクリと丸い潤んだ目玉がじっと俺を見下ろしていたが、その容姿は隣に立つ黒髪ロングの少女と瓜二つ。
「ナナ! どういうことだ、これっ! こいつまで連れて来たのか?」
 銀髪で、この口調と甘えた感じのガイノイドはナナの過去体で間違いないが、武器を作ったと宣言しているところを見ると、何度か俺たちの前に現れていたトンマよりもいくぶん未来体になる。

 未来のナナがゆっくりと歩み寄ると、銀髪のナナの肩を抱いて言った
「過去に飛び、武器を作って未来から呼ばれるのをじっと待っていたワタシです」
「ども。コマンダー。おし、さし、ぶりです」
「押したり、挿したりするな。それを言うなら、お久ひさしぶりだ」
 もう一度、未来のナナに目を転じる。
「バカのまんまじゃないか」
「ワタシは未来の管理者に呼ばれて、DTSDを装着します。その時に一気に言語レベルをアップグレードしてもらうのです」

「せやけどな」と社長が口を挟んだ。
「自身の歴史を変えてやデ、未来の管理者がこの子を呼び戻さないような方向に曲がったら、おまはんの身体から時間渡航装置が消えてしまわへんか? 過去を弄った障害が出るんちゃうの?」
「ネブラ抹消のためにはDTSDを装着するのが必然となっていますので、必ずどこか別の時間軸で装着されます。でないとこの場所でみなさんが集まること自体も抹消されます」

「つ──ことは。さっき別れてから数十年も経過したわりに、何も上達しないのは仕方が無いと言いたいんだな?」
「そんなことありましぇ──ん。らいぶ上達してまーす」
「そうは思えんが?」
「言語品位はレベル4まで上がりましたでごじゃる」
「まだ『ごじゃる』とか言ってんぜ?」

 銀髪のナナは俺の肩に手をポンと置き、
「やだなぁ。無理してコマンダーに付き合ってるだけじゃないかー」

 くのやろ……。

「無理して付き合うな。それとタメ口になってんぞ。ったく。それに何年経っても相変わらずの格好してんな、お前」
 衛星の裏で初めて会った時と同じ服装、長袖水着姿だった。
 後のちに聞いた話だが、それはガイノイドスーツと言うらしい。
 ま、連中のユニフォームみたいなモノだ。ついでに言っておくと、未来のナナと玲子は同じ秘書課の制服だ。なにしろ俺たちは本来の仕事を抜け出してここに連れて来られたのだからな。

 そいつが可愛らしい顔を俺に近づけて、こう言った。
「今日から、ワらシもお世話になりまぁぁす。よかったろ? コマンダー」
「えっ! 世話って?」
 驚くのはまだ早いぞ。俺!

「鼻の下が伸びちぇるぜ。エロスケぇ」

「げぇっ! その声は……。恐怖の帝王」
 嫌な予感が大いにするが、目を背けるわけにはいかない。たとえ視線を逸らしたって向こうからやって来るに決まっている。
「また、あちょんでやるからな」
 鼻先に回り込んできた球体から、クビが引き千切れる速度で視線を旋回させ、
「ナナ! 変ななヤツがここに混ざってんぞ!」

「ふんっ。しゃる(猿)にヤツ呼ばわりされたくないでしゅ」
「うるせぇ、クソタマ!」
「ちょっと裕輔。あたしのシロタマを汚いものみたいに言わないで」
 玲子は自分がスカート姿だということを忘れて、どがっ、と俺を蹴り倒し、頭上の白い球体には滑々した手のひらを差し出した。
「お帰りぃ。調子はどうなの?」
 手の中にシロタマを迎える玲子。その前で恐怖の帝王は報告モードに切り替わる。

『機能不全は見つかりませんでした。すべて異常無しです。現在W3Cとリンクが切れています。シロタマはスタンドアロンモードで機能中です』
 いつもにも増して抑揚の無い冷徹な声に聞こえた。

「あ痛ててて」
 蹴られた腰をさすりつつ、銀髪のナナに助けられながら起き上がる。そこへとナナが朱唇を近づけた。
「あの。ユウスケさん。ピザ屋さんはどこのが美味しいんですか?」
「はぁ──?」だ。
「こんな時に、なに言ってんの? ナナ」
「何も言ってましぇーん」と口を尖らすのは銀髪のナナ。
「お前じゃない。未来のほうだ」

「ユウスケさんにピザを出せと言われて、ワタシが買いに行くことになったんですが、同じなら美味しいのを選んだほうが言いかなって思ったんです」
 俺は頭痛でも堪えるようにして額へ手を当てた。
「あの時、部屋の外に待機していた未来体って、お前だったの?」
「あ、はい」
「このクソ忙しい時にかよ?」
「でも、この時のギンリュウさんはハイパートランスポーターの充電で、2時間の余裕が有りましたから」

「………………………………」

 この話はどこからどう繋がっているのだ。じゃあ、俺や社長の子供時代に飛んだのは、今ここでヘラヘラするほうだと言いたいのか。
 よくもまあ、とんでもない事をいけしゃあしゃあとやり遂げちまうヤツだ。

「ピザはどこがいいですか?」
「ピザキャップでも、ドノミ・ピザでも。どこでもいいんじゃね。どうせあの後チンして食べたのは田吾だし……」
 まさか、あの時の出題をここで俺が手助けをしていたなんて……。あー、過去に戻りてぇ。そしてそんな提案しても無駄だぞって言ってやりてえワ。

『ナナに依頼すれば、その時空修正を実行してもらえる可能性が有ります』
「いらねえよ。これ以上ややこしくしたくねえ…………」



●ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。
ネット小説ランキング>SF>星屑の囁きみたいに些細な出来事
  

(ボタンを押すとネット小説ランキングのページに繋がりますが、その時点で1ポイント加算されます。)